■権利活用し得る米国特許明細書 −米国特許明細書・クレームの書き方について−
(社)発明協会主催 知的財産権講座
主 催 社団法人 発明協会
開催日時 平成23年11月10日(木)〜11日(金) 10:00〜17:00
開催場所 発明協会研修ルーム(発明会館ビル7階)
東京都港区虎ノ門2-9-14 TEL 03-3502-5439
主な内容  米国に於いて有効で強い特許権を取得するためには、権利活用を見据え、クレームを含めた明細書を的確に作成しなければいけません。
 本講座は、米国でより強力な特許権を取得、活用するために必要となる米国特許明細書の書き方のコツを体系的に解説し、具体的な事例を基に実務に役立つアドバイスを提供するものです。 また2011年の米国特許法改正についても言及致します。
講 師 伊 東 忠 重
吉 田 千 秋
Sterlon R. Mason
有 馬 祐 輔
伊東国際特許事務所 所長 弁理士
伊東国際特許事務所 副所長 弁理士
伊東国際特許事務所 米国特許弁護士
IPUSA PLLC 米国パテント・エージェント
受 講 料 32,000円(会員) 36,000円(一般)
定 員 70名
問合せ先 (社)発明協会 知財人材育成チーム
TEL:03-3502-5439 FAX:03-3506-8788


■知的財産権講座 権利行使を考慮した戦略的中間手続
主 催 社団法人 発明協会
開催日時 平成23年9月1日(木)〜2日(金) 10:00〜17:00
開催場所 発明協会研修ルーム(発明会館ビル7階)
東京都港区虎ノ門2-9-14 TEL 03-3502-5439
主な内容 ・新規性・進歩性・明細書等記載不備の拒絶理由への対応
・発明の単一性違反、産業上利用可能性及び先後願等に関する拒絶理由への対応
・補正の制限、分割出願制度について
・戦略的な意見書・補正書の作成について

 特許庁審査官等に対して提出する「意見書」及び「補正書」は、拒絶理由通知への応答書面として、権利化に有効な中間手続書面です。その一方で、権利化後にはこの「意見書」及び「補正書」の一字一句が、競合他社や裁判官等による吟味の対象とされ、特許発明の技術的範囲を狭く解釈する根拠に用いられることがあります。本講座では、単に特許の権利化だけに主眼を置くのではなく、権利行使をも十分考慮した攻めと守りの中間手続の書面作成方法を平易に解説いたします。
           
テキスト 「権利行使を考慮した特許出願の戦略的中間手続」 大貫進介著 発明協会発行
本講座を受講される方々には無料で配布致します。
講 師 弁理士 大 貫 進 介 伊東国際特許事務所 上級副所長 弁理士
受 講 料 32,000円(会員) 36,000円(一般) テキスト代含む
定 員 70名
問合せ先 (社)発明協会 知財人材育成チーム
TEL:03-3502-5439 FAX:03-3506-8788


■発明協会主催知的財産権講座 「権利活用をし得る米国特許明細書」
主 催 社団法人 発明協会
開催日時 平成22年11月11日(木)〜12日(金)
開催場所 発明協会研修ルーム(発明会館ビル7階)
東京都港区虎ノ門2-9-14 TEL 03-3502-5439
主な内容 ・米国特許制度の概要
・権利活用し得る米国特許を意識した日本出願の明細書
・権利活用し得る米国特許を意識したPCT出願の明細書
・権利活用し得る米国明細書及びクレームの記載
・権利活用において参考となる米国判決例
・権利活用し得る英文明細書の見極め方
講 師
伊 東 忠 重
吉 田 千 秋
Christopher M. Tanner
有 馬 佑 輔
弁理士 伊東国際特許事務所 副所長 
弁理士 伊東国際特許事務所 副所長
米国特許弁護士 伊東国際特許事務所
米国パテントエージェント IPUSA PLLC (米国ワシントンDC)
受 講 料 27,000円(会員) 30,000円(一般) テキスト代含む
定 員 70名
問合せ先 (社)発明協会 研修チーム
TEL 03-3506-8788


■知的財産権中級講座 権利行使を考慮した戦略的特許出願中間手続き
主 催 社団法人 発明協会
開催日時 平成22年9月9日(木)〜10日(金)
開催場所 発明協会研修ルーム(発明会館ビル7階)
東京都港区虎ノ門2-9-14 TEL 03-3502-5439
主な内容 ・特許審査手続きの流れと応答
・意見書、補正書の役割
・記載不備 新規性 進歩性 先後願 拡大された先願 産業上利用できる発明
・発明の単一性の拒絶理由への対応 
・出願の分割要件
・補正の制限
・面接の活用
講 師 弁理士 大 貫 進 介 伊東国際特許事務所副所長 特定侵害訴訟代理人
受 講 料 27,000円(会員) 30,000円(一般) テキスト代含む
定 員 70名
問合せ先 (社)発明協会 研修チーム
TEL 03-3506-8788


■AIPPIセミナー 米・中・欧向け、特許出願明細書の書き方
主 催 社団法人 日本国際知的財産保護協会(AIPPI・JAPAN)
開催日時 平成22年5月28日(金)
開催場所 全日通霞ヶ関ビル8階大会議室
東京都千代田区霞ヶ関3-3-3
主な内容 米、中、欧、各国で豊富な実務経験を有する各講師が、それぞれの国におけるクレーム・ドラフティングなどの特徴を解説する。 次いでこれら講義を踏まえ、各外国出願の基となる日本の特許出願明細書はいかにあるべきかについて、モデレータの吉田弁理士がまとめを行う。
講 師 Mr. Burt Magen   米国 Vierra Magen Marcus & DeNiro LLP
Mr. Richard Huang 中国 Liu,Shen & Associates
Mr. John Tothill   英国 Dehns事務所
弁理士 吉 田 千 秋(モデレーター) 伊東国際特許事務所 副所長
受 講 料 5,000円(会員) 10,000円(一般)
定 員 80名
問合せ先 日本国際知的財産保護協会 セミナー担当
TEL 03-3591-5303
FAX 03-3591-1510


■ 中・上級講座 権利活用をし得る米国特許明細書
主 催 社団法人 発明協会
開催日時 平成21年11月19日(木)〜20日(金)
開催場所 発明協会研修ルーム(発明会館ビル7階)
東京都港区虎ノ門2-9-14 TEL 03-3502-5439
主な内容 ・米国特許制度の概要
・権利活用し得る米国特許を意識した日本出願の明細書
・権利活用し得る米国特許を意識したPCT出願の明細書
・権利活用し得る米国明細書の記載(その1)
・権利活用し得る米国明細書の記載(その2)
・権利活用において参考となる米国判決例
・権利活用し得る英文明細書の見極め方
講 師 弁理士 大 貫 進 介 伊東国際特許事務所副所長
弁理士 伊 東 忠 重 伊東国際特許事務所副所長
弁理士 吉 田 千 秋 伊東国際特許事務所副所長
米国特許弁護士 ポール・ステフェス(Paul R. Steffes) 伊東国際特許事務所
受 講 料 27,000円(会員) 30,000円(一般)テキスト代含む
定 員 70名
問合せ先 (社)発明協会 研修チーム
TEL 03-3506-8788
■ 中級講座 権利行使を考慮した戦略的中間手続き
主 催 社団法人 発明協会
開催日時 平成21年9月10日(木)〜11日(金)
開催場所 発明協会研修ルーム(発明会館ビル7階)
東京都港区虎ノ門2-9-14 TEL 03-3502-5439
主な内容 ・特許審査手続きの流れと応答
・意見書、補正書の役割
・記載不備 新規性 進歩性 先後願 拡大された先願 産業上利用できる発明
・発明の単一性の拒絶理由への対応 
・出願の分割要件
・補正の制限
・面接の活用 
・拒絶査定不服審判
講 師 弁理士 大 貫 進 介 伊東国際特許事務所副所長 特定侵害訴訟代理人
受 講 料 27,000円(会員) 30,000円(一般)テキスト代含む
定 員 70名
問合せ先 (社)発明協会 研修チーム
TEL 03-3506-8788
セミナーのご案内
ページの先頭へ
Copyright 2008 ITOH International Patent Office All Rights Reserved.
HOME english